忍者ブログ
[5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

震災による津波の塩害を受けた畑で、復興への願いが込められた塩トマトがそのほど収穫された。地ベース名産に成レングスせるためのエキスパートジェクトに迫る!

新たな特産を目指し
「復興トマト」栽培はじまり!

 東日雑誌大震災の津波で海水に浸かった農地じゃあ、作物が育てられない等、農自宅にとっては厳しい場合が続く。そういう場合に新規リクエストを生むエキスパートジェクト「復興トマトエキスパートジェクト」が始動する。
普通のトマトが糖度5なのに対し、「復興トマト」(塩トマト)は糖度9
 塩害に遭った宮城県岩沼市にある飯塚農園と八巻農園じゃあ、変わったバクテリアを使い、畑の塩分濃度を下げる技術で、熊雑誌のブランド野菜「塩トマト」の栽培に成功しました。共催するのは、NPO法人農商工連携援助施設を最初、(株)マイファーム、岩沼ロータリークラブ、東京大学都市持続再生施設。去る6月に露地、ハウス合わせて約600雑誌の塩トマトの苗が植えられ、震災以後、初めて作物の収穫に成功し、現地は喜びに包まれた。画像右上は、8月20~21日に行なわれた、「復興トマト収穫ツアー」の模様です。それに、畑作面積を増やし、地ベースの名産としてブランド化しているエキスパートジェクトをより推進しているため、収穫された次の日、東京・京橋で、「復興トマト」のフリー配布会を実施(画像右下)。行き交う人々が足を止め、そのリクエストのトマトに熱い興味が注がれた。


8月20~21日に行なわれた「復興トマト収穫ツアー」。(株)マイファームが発明した変わったバクテリアとEM菌で土壌の塩分を低減させる画期的な手段で、塩トマトの収穫に成功 会場所に設置された「復興トマト」エキスパートジェクトのパネルにある、「東日雑誌大震災の津波によって海水が入ってしまった畑にトマトを植えませんか!」の文字が人々の目を引き付けた 「復興トマト」のフリー配布会は、東京・京橋にある、江戸・大正期に京橋川を経由し、各地から野菜が運ばれていたと言う大根河岸の跡地広場所にて。繁華街・銀座も目の前で人通りもいっぱい、関心深そうに足を止める人々で湧いた
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]